6月24日 都議会で17議席・第3党に!

昨日、投開票が行われた東京都議会議員選挙で
日本共産党の議席は前回8議席⇒17議席へ大躍進
民主党を抜いて、都議会第3党になりました
togisenkekka1_convert_20130624043803.jpg
※赤旗記事=http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-06-24/2013062401_01_1.html
※志位さん会見=http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-06-24/2013062401_02_1.html

前回を10ポイント下回る低い投票率ではありましたが、
出口調査では無党派層のうち18%の方が
日本共産党の候補者に投票したとのことで、

庶民いじめのアベノミクス、原発推進、憲法改悪、TPP推進・・・

国民の声を無視する悪政に怒りをもっている都民のみなさんから
放射能測定、認可保育園・特養ホーム増設、雇用対策など
対案を示してたたかう日本共産党への期待
がよせられた
ひとつの結果だと思います

そして同時に、
都内42の選挙区で活動していた魅力あふれる候補者のみなさん
その候補者と一緒に頑張った、たくさんの方の奮闘&応援あればこそ
の17議席への躍進だとも思います

ちなみに私の地元豊島区では
25歳、最年少の米倉春奈さんが当選
前回の悔しさを晴らす快挙に涙が出るほどうれしかった
さらに品川区でも31歳の白石たみおさんが当選するなど、
同世代の都議会議員の誕生は私にとっても心強い限りです

この躍進をバネに、
もう来週に迫ってきている参議院選挙も必ず勝利へ
P1130372_convert_20130624043212.jpg

私も
ブラック企業ゼロ、原発ゼロ、命をまもり、くらしを守る、
なにより憲法が活かした国民の声の届く国政をめざして
東京で勝利へ、気を引き締め、全力で頑張りぬく決意です

6月13日 東京から国民の声の届く政治実現へ!

いよいよ明日から都議選が始まります。
アベノミクスを肯定する猪瀬都政を応援するかどうかが問われる選挙

ちょうど月曜日には都議候補のみなさんと一緒に
都民の強い要求である、
認可保育園、特養ホームの増設を求める署名を都議会に届けてきました
966106_465639016859175_58483069_o_convert_20130613200412.jpg
※保育園=4606筆、特養ホーム=3458筆

東京都の年間予算は約12兆円
福祉国家スウェーデンの国家予算に匹敵しています。
さらには国家公務員宿舎跡地は都内に185か所など、
土地だってないわけではないのです。

やろうと思えば、
認可保育園も特養ホームも増設は可能です
※大山とも子都議の質問
http://www.jcptogidan.gr.jp/html/menu4/2013/20130319161421_1.html

※雇用問題でもブラック企業対策についても質問
http://www.jcptogidan.gr.jp/html/menu4/2013/20130327142810.html

※放射能から子どもをまもる活動では先陣を切っています
http://www.jcptogidan.gr.jp/html/menu2/index_1.html

石原・猪瀬と続いてきた
福祉と医療を切り捨ての自民党型都政を、
総額2兆円もかかる外環道より、子どもと都民を守る都政へ変えるチャンス

ちなみに、都議会では、自民・公明はもちろんのこと
民主・維新・みんななど日本共産党以外の会派は
石原・猪瀬都政の「推進役」
都議会の「チェック役」とは到底言えません
※参考記事
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-06-08/2013060804_02_1.html
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130513/elc13051323200005-n1.htm
http://mainichi.jp/select/news/20130423k0000m040140000c.html

都民の立場に立ち続けてきた日本共産党の躍進で
住民の、国民の声を届け、願いを実現する政治を東京から!
私もがんばります!
togikai0610_convert_20130613194818.jpg
↑第7回中央委員会総会の時。都議候補のみなさんほぼ勢ぞろい!

【お知らせ】 吉良よし子ムービーなどができました!

吉良よし子紹介ムービーができました
movieimage_convert_20130613190611.jpg
※イメージ写真↑
(リンクは以下から↓)
キラリ☆吉良よし子①オープニング編
キラリ☆吉良よし子②若者雇用編
キラリ☆吉良よし子③生い立ち編
キラリ☆吉良よし子④高齢者編
キラリ☆吉良よし子⑤原発編
キラリ☆吉良よし子⑥平和・憲法編
キラリ☆吉良よし子⑦応援メッセージ編
キラリ☆吉良よし子⑧訴え編

以上、8種類、公式ホームページから見られます
http://kirayoshiko.com/movie/


なお、この間、Twitter,Facebookにも
事務所公式アカウントとページができています
ぜひフォロー&「いいね!」を
►Twitter・・・・@kirajimusyo
►Facebook・・・https://www.facebook.com/business/build#!/yoshikokira.official


さらには、キラキラ☆サポーターズという勝手連(応援隊)も立ち上がってます
►Twitter・・・・@kirayoshikosupp
►Facebook・・https://www.facebook.com/kirakirasupporter
►BLOG・・・・・http://ameblo.jp/kirayoshiko/
こちらもぜひ☆

いよいよ選挙本番も迫ってきて、さまざまな形で情報提供がんばります!

6月6日 命を奪う職場があることゆるせない。

6月6日、
「過労死防止基本法制定の集い@衆院議員会館」に参加しました。

過大なノルマで出張先で突然死、
最高ひと月198時間の残業で失明⇒解雇、
名ばかり店長でパワハラによりストレスで自死…

「命より大事な仕事はない」

遺族の方から悲痛な声が出されます。
945786_467363530021986_1645150257_n_convert_20130613111513.jpg
↑開始直前、会場にて。

私も、たまたま先日、
某飲食チェーン店に勤めていた20代の男性から話を聞きましたが、
就職の面接で「お前の夢なんて子供っぽい」と言われたところから始まって、
長時間過密労働、上司からのパワハラがあり、
正社員なのにシフトに入れてもらえず、給料が減らされ
月の手取りが3万5千円になったことも・・・
彼は「あの会社に勤めて「夢」という言葉が嫌いになった」
とも話していました。

私は、
命を奪い、夢を奪う職場があることは断じて許せません



こんな悲劇をこれ以上広げないために国の責任で過労死防止基本法制定を!
との思いで集められた署名は43万6612筆!
http://www.stopkaroshi.net/
431967_467363743355298_1212560216_n_convert_20130613111443.jpg

国連からも過労死防止対策を求める勧告が出され、
国会でも超党派の議員連盟もつくられたそう。
http://mainichi.jp/select/news/20130607k0000m010131000c.html

まずは、基本法の制定を!
そして、それを実効性のあるものに(>_<)!
“ブラック企業”も“過労死”も必ずゼロにする決意です

※関連記事(若者雇用提言)
http://yossikira.blog22.fc2.com/blog-entry-605.html
http://kirayoshiko.com/info/2013/05/post-46.html

6月5日 「生きさせろ!」の声をきけ!

6月3日、生活保護の改悪法案が
自民、公明、民主、維新、みんな、生活の賛成により
衆議院を通過した翌々日、6月の第一水曜日、
官邸前で「困っちゃう人の官邸前アクション」が行われました。

「生活保護は最後の最後の命綱!」
「ぼくたちには生きる権利も働く権利もある!」
「生きさせろ~!!!!」

みんなのスピーチとコール、叫びが心につきささります。
0605komacchau1_convert_20130613113312.png
先日も大阪では3歳の男の子と28歳のお母さんが遺体で見つかったなど、
全国で孤立死や餓死の事件が後を絶ちません。。。
それなのに、書類がそろわなければ申請できない、
扶養義務も強化するという生活保護の改悪は許されません。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-06-06/2013060601_05_1.html

私も、5月21日の池袋派遣村で、
78歳の女性のホームレスの方と出会いました。
何日も食べていない、お風呂も入っていない。皮膚の病気にもなっていた。
20130521豢セ驕」譚托シ鍋クョ蟆柔convert_20130613111351
なのに
「私なんかよりも大変な人がいるだろうから・・・」
と生活保護も受けようとしないし、病院も行こうとしない・・・

「でも、だれにもまともに生きる権利がありますから!!」
必死に説得して、
彼女はなんとか生活保護を受けられることになりましたが、
こうして、「生きる」ことをあきらめさせられている実態が
現代の社会にあることが悔しくてなりません。

憲法には生存権が書かれており、
それを国が保障しなければならないとも書いているのです。
それなのに生活保護の改悪で国が責任を放棄することは絶対に許せない

「生きさせろ!」
あたり前のことを叫ばなければならない社会を必ず変えたいです
421192_463630467060030_323370360_n_convert_20130613111418.jpg
  1. 無料アクセス解析
Twitter
プロフィール

吉良よし子

Author:吉良よし子
(きらよしこ)
◎日本共産党・東京都委員会 雇用と就活対策室長

  • 1982年9月14日高知県生まれ30歳
  • 早稲田大学第一文学部(日本文学専修)卒
  • 豊島区内の印刷会社で4年間、CSR(企業の社会的責任)の報告書作成支援の仕事に携わる
  • 東京都都議会議員選挙2009 豊島区候補
  • 田村智子2010参議院比例秘書をしたのち現在に至る

趣味:合唱、読書、ピアノ、映画鑑賞、観劇など

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター(2011年~)
アクセスカウンター
イスズ自動車スズキ自動車光岡自動車メルセデスベンツgmc