5月20日 志位委員長演説の感動ポイント@有明コロシアム

有明コロシアムでの志位委員長の演説
とってもわかりやすかったし、感動しました
P1000412_convert_20090520235043.jpg

私が感動したのは以下の3つの言葉です


ひとつめが
働く労働者の味方である党として
人間が人間らしく働ける労働ルールをつくります!!」


⇒正規・非正規問わず雇用破壊が行われている中、
財界・大企業にきっぱりモノを言っていく党の姿が浮き彫りになりました


ふたつめが
「無残に切り捨てられてきた東京の福祉・教育・医療。
税金の使い方を変えて都政を都民の手に取り戻しましょう!!


⇒日本共産党の躍進によって
なんとしても都民の要求に応える都政に変えるんだという
熱い決意が伝わりました


みっつめは
「唯一の被爆国として、日本には
核兵器廃絶を要求する責務があるし、それを要求する権利がある!!


⇒実は「平和」が原点の私にとってこの言葉が一番胸に響きました
何より、「(核廃絶を要請する)権利がある」という言葉が力強かったです

※ちなみに、
先月オバマ大統領がプラハで核兵器廃絶を訴えた演説に対して
志位委員長が歓迎の意を示す書簡を送りました
そしたら先日、この書簡に米政府から返事がきました (詳しくはコチラ
(日本の一政党に米政府から返事が来るってすごいですよね

※本来であれば、
日本政府が率先してこのような行動をとるべきなのに、
大統領が核廃絶を訴えている米政府の
核の傘下(米軍)に頼ることしか考えていない今の政府

これに対する批判が小気味よかったです

※さらに、この件に関して、
志位委員長が麻生首相と会談も行ったのですが
首相からは平和への言及が一切なかったそうです


「労働者の味方」「都民の味方」、そして「平和を追求」する
共産党の価値をしっかり確信し、納得できる演説でした

DSC_0981_convert_20090521171232.jpg
わたしも、これらの言葉を原点に
この社会を変えるべくまっすぐ突き進んでいきます
  1. 無料アクセス解析
Twitter
プロフィール

吉良よし子

Author:吉良よし子
(きらよしこ)
◎日本共産党・東京都委員会 雇用と就活対策室長

  • 1982年9月14日高知県生まれ30歳
  • 早稲田大学第一文学部(日本文学専修)卒
  • 豊島区内の印刷会社で4年間、CSR(企業の社会的責任)の報告書作成支援の仕事に携わる
  • 東京都都議会議員選挙2009 豊島区候補
  • 田村智子2010参議院比例秘書をしたのち現在に至る

趣味:合唱、読書、ピアノ、映画鑑賞、観劇など

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター(2011年~)
アクセスカウンター
イスズ自動車スズキ自動車光岡自動車メルセデスベンツgmc