12月11日 国民の声を届ける仕事。(臨時国会の振り返り)

秘密保護法をはじめとした数々の悪法が国民世論に反して押し通された(怒
臨時国会が終わりました。
秘密保護法については、改めて書こうと思いますが、
その裏で、私も初めての国会論戦をがんばりました。

まずは「ブラック企業」の問題です。
どうしてもこれだけは、とこだわって
総務委員会の所信質疑でとりあげました

やった!と思ったのは、
ワタミ、秋田書店など企業名をあげてその実態を紹介したら、
委員会室が文字通りどよめいたとき。(ネットではわかりにくいと思いますが・・・)
「ワタミで食材の買い取りなどの給料天引きで手取りが月数万円」
という青年の話には他党から
「それはひどいなぁ」と不規則発言が飛び出しました。
このひどい実態を伝えることができた!と思った瞬間でした

さらに、集中改革プランで出先機関の見直しを総務相が旗振る中で、
各都道府県の「労政事務所」のような相談窓口が減らされていた実態を告発し、
相談窓口減らすな!と質問したのですが、
傍聴に来てくれた早大の学生さんが
「ブラック企業問題は企業だけの問題ではなく、
政治の問題であることも質問を聴いてよくわかった」

と感想を言ってくれ、取り上げてよかったと思いました

もう一言いうなら、
「ブラック企業」が流行語大賞のトップ10仁入る一方で
思わず「ひどいなぁ」という不規則発言が出るくらい
国会議員のみなさんにそのひどい実態が知られていなかったことに衝撃をうけました
だからこそ、この実態をもっともっと伝えなくてはと、強く感じた質問でした。


そのほかにも、
公務員の「配偶者帯同休業法」での質疑では、
男性職員の育休のとりにくい実態について取り上げましたし、
蟶ッ蜷梧ウ補束_convert_20131212074729
※ネット録画(総務委員会:11月14日の2:01:30頃から)

倫理選挙特別委員会で都道府県議会議員の選挙区制度の質疑では
平成の大合併にともない、地方議員数が半減してきた事実をつきつけ、
法案への反対討論も行ったところ、
蛟ォ驕ク迚ケ竭」_convert_20131212074900
※ネット録画(政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会:11月27日の48:30頃から)

委員会の後に委員長から
「君の言うとおり、地方議員は一定数必要だよ」
といってもらうなど、
それぞれ、未熟ながら手応えもありました

そして、最後は、国会の最終局面、
与党による内閣委員長・経産委員長の解任が行われた徹夜国会明け
総務・消防団法の質疑でした
消防1 (2)
※ネット録画(総務委員会:12月5日の14:10頃から)

他の野党が委員会をボイコットする中、野党として唯一、質問に立ったのですが、
自民党議員からも
「消防団について取り上げたのはあなただけ。さすが共産党」
声をかけてもらうなど、存在感を示せましたし、
なによりここで、もう一度、
大島の災害に関わって防団員の心のケアの問題について
ちゃんと取り上げることができたことが本当によかったです。

まさに私自身は大島に始まり、大島に終わった国会でした。

~~~
同時に、こういうひとつひとつの声をしっかり届けるのが
国会議員の役割であることを改めて実感した国会でもありました。

さまざまな審議をボイコットするというのは
抗議の意志を示すひとつの方法にも見えますが、
国会に送り出してくれた国民の声を示すのが国会議員の大事な仕事
国会で質問に立てるのも、採決できるのも議員しかいないのですから


そういう意味では、
秘密保護法に対して、最後の最後まで反対の論戦を張り続けた
日本共産党の先輩議員の姿に学ばされましたし、
この日本共産党の議員で心からよかったと思いました

引き続き、70万3901人をはじめとする国民のみなさんの代表として、
日本共産党の国会議員として、国民の声を届ける仕事
一歩一歩確実にこなし、悪政をうち破る突破口づくりにがんばる決意です
  1. 無料アクセス解析
Twitter
プロフィール

吉良よし子

Author:吉良よし子
(きらよしこ)
◎日本共産党・東京都委員会 雇用と就活対策室長

  • 1982年9月14日高知県生まれ30歳
  • 早稲田大学第一文学部(日本文学専修)卒
  • 豊島区内の印刷会社で4年間、CSR(企業の社会的責任)の報告書作成支援の仕事に携わる
  • 東京都都議会議員選挙2009 豊島区候補
  • 田村智子2010参議院比例秘書をしたのち現在に至る

趣味:合唱、読書、ピアノ、映画鑑賞、観劇など

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター(2011年~)
アクセスカウンター
イスズ自動車スズキ自動車光岡自動車メルセデスベンツgmc