6月5日 「生きさせろ!」の声をきけ!

6月3日、生活保護の改悪法案が
自民、公明、民主、維新、みんな、生活の賛成により
衆議院を通過した翌々日、6月の第一水曜日、
官邸前で「困っちゃう人の官邸前アクション」が行われました。

「生活保護は最後の最後の命綱!」
「ぼくたちには生きる権利も働く権利もある!」
「生きさせろ~!!!!」

みんなのスピーチとコール、叫びが心につきささります。
0605komacchau1_convert_20130613113312.png
先日も大阪では3歳の男の子と28歳のお母さんが遺体で見つかったなど、
全国で孤立死や餓死の事件が後を絶ちません。。。
それなのに、書類がそろわなければ申請できない、
扶養義務も強化するという生活保護の改悪は許されません。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-06-06/2013060601_05_1.html

私も、5月21日の池袋派遣村で、
78歳の女性のホームレスの方と出会いました。
何日も食べていない、お風呂も入っていない。皮膚の病気にもなっていた。
20130521豢セ驕」譚托シ鍋クョ蟆柔convert_20130613111351
なのに
「私なんかよりも大変な人がいるだろうから・・・」
と生活保護も受けようとしないし、病院も行こうとしない・・・

「でも、だれにもまともに生きる権利がありますから!!」
必死に説得して、
彼女はなんとか生活保護を受けられることになりましたが、
こうして、「生きる」ことをあきらめさせられている実態が
現代の社会にあることが悔しくてなりません。

憲法には生存権が書かれており、
それを国が保障しなければならないとも書いているのです。
それなのに生活保護の改悪で国が責任を放棄することは絶対に許せない

「生きさせろ!」
あたり前のことを叫ばなければならない社会を必ず変えたいです
421192_463630467060030_323370360_n_convert_20130613111418.jpg
  1. 無料アクセス解析
Twitter
プロフィール

吉良よし子

Author:吉良よし子
(きらよしこ)
◎日本共産党・東京都委員会 雇用と就活対策室長

  • 1982年9月14日高知県生まれ30歳
  • 早稲田大学第一文学部(日本文学専修)卒
  • 豊島区内の印刷会社で4年間、CSR(企業の社会的責任)の報告書作成支援の仕事に携わる
  • 東京都都議会議員選挙2009 豊島区候補
  • 田村智子2010参議院比例秘書をしたのち現在に至る

趣味:合唱、読書、ピアノ、映画鑑賞、観劇など

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター(2011年~)
アクセスカウンター
イスズ自動車スズキ自動車光岡自動車メルセデスベンツgmc