10月25日 「人にやさしい東京」を!

10月25日の午後いちで
東京都内の議員・候補者のみなさんとともに対都交渉を行いました
内容は、
■介護保険の負担軽減と介護サービス拡充
■国民健康保険への財政支援
■後期高齢者の医療負担軽減のための財政支援

を、それぞれ申し入れるものです。
A6B93ONCAAAQSVn_convert_20121203122418.jpg

「介護は“保険あって介護なし”の状態。
 『やっていけない。死ねというのか』と声が上がっている」
「特養ホームの待機者は(大田区だけで)1600人!
 施設を建てるにも東京でネックは高い土地代。用地費補助を!」

「国民保険料、売り上げが落ちて滞納したが、
 運転資金をすべて差し押さえられ、店が経営できないという事例がある」
「娘がねたきりだが、国保料の滞納があったので、
 様態の急変で救急車で運ばれるまで病院に行かなかった相談者が・・・」


と、ひどい実態を各議員・候補者のみなさんが次々と告発
せめて東京都で低所得者への負担軽減支援を
本当に悪質な場合を除き、無法な徴収や差し押さえをやめて

と訴えましたが、

東京都は冷たい対応。
「これ以上の支援の予定はありません」
「(差し押さえ等について)法にのっとって適切に対応しています」

と言います。

でもでも、仮に法にのっとった対応だとしても、その法令の上に位置する
憲法25条の「最低限の文化的な生活を営む権利」はどうなるのか
それを保障するのが自治体の大事な仕事ではないのか

怒り心頭になったこの日の15時。
この福祉切り捨て都政を進めてきた石原都知事が辞任会見を行いました

いまこそ「人にやさしい東京」の実現を

=======
※ちなみに、上記の要請内容+子ども子育て支援を含んだ
 厚労省への要請行動も11月12日に実施しました。⇒Facebookの投稿
  1. 無料アクセス解析
Twitter
プロフィール

吉良よし子

Author:吉良よし子
(きらよしこ)
◎日本共産党・東京都委員会 雇用と就活対策室長

  • 1982年9月14日高知県生まれ30歳
  • 早稲田大学第一文学部(日本文学専修)卒
  • 豊島区内の印刷会社で4年間、CSR(企業の社会的責任)の報告書作成支援の仕事に携わる
  • 東京都都議会議員選挙2009 豊島区候補
  • 田村智子2010参議院比例秘書をしたのち現在に至る

趣味:合唱、読書、ピアノ、映画鑑賞、観劇など

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター(2011年~)
アクセスカウンター
イスズ自動車スズキ自動車光岡自動車メルセデスベンツgmc