8月7日 「自然エネルギー28%」の梼原町

夏休み、高知に帰って梼原町にいってきました
小池あきらさんが演説などで
「自然エネルギーの町」として紹介している四万十川源流の町です

高知出身の私としては
小池さんにばかりお株をとられてる訳にはいかないと
梼原町の元町議の森山定幸さんに案内してもらいながら、
町の自然エネルギーの発電状況を見てきたのです
P1050002_convert_20120904002557.jpg
↑梼原町の風力発電の前で。

梼原町が自然エネルギーに目を付けたのは10年前
林業にかわる新たな産業づくりとして始めたのが最初です

現在は
①風力発電(2基で380万kWh)
②日本一の太陽光パネルの普及
(公共施設21か所、一般家庭20軒に1軒=日本一の普及率)
※風力発電の売電料をつかって1kWあたり20万円補助している
③小水力発電(中学校に電力供給)
④木質ペレットによるバイオマス発電
(特養、身体障害者施設、デイサービスの施設の冷暖房に)
⑤地熱(ホテルのプールなどに利用)

これらの5種類の自然エネルギーで町の28%をまかなっています
しかも、風力発電の売電料をつかって
町のもともとの産業である林業も活性化できているそう

梼原町ではこの中で効率の良い
風力や太陽光をつかって100%エネルギー自給をめざすといいます
yusuhara3_convert_20120904005023.jpg
↑太陽光パネルつきの屋根たっぷりの風景

ただし、現状、電気の買取価格がまだまだ安く
買取料だけでは設置費用を回収しきれないなどのいろんな問題もありますが、
それでも、地方の町で自力で28%
自然エネルギーでやっていけるという事実はつよい

たとえば、もっと国の制度を充実させて
各地で立地条件に合わせた発電を進める、技術開発もすすめる
そうすれば原発に頼らない日本がつくれる

事実、東京は原発なくてもこの夏を乗り越えました
関西でも大飯の再稼働は必要なかったことが明らかに
(※参考:47NEWS

脱原発の道が現実味を帯びて見えてきました
  1. 無料アクセス解析
Twitter
プロフィール

吉良よし子

Author:吉良よし子
(きらよしこ)
◎日本共産党・東京都委員会 雇用と就活対策室長

  • 1982年9月14日高知県生まれ30歳
  • 早稲田大学第一文学部(日本文学専修)卒
  • 豊島区内の印刷会社で4年間、CSR(企業の社会的責任)の報告書作成支援の仕事に携わる
  • 東京都都議会議員選挙2009 豊島区候補
  • 田村智子2010参議院比例秘書をしたのち現在に至る

趣味:合唱、読書、ピアノ、映画鑑賞、観劇など

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター(2011年~)
アクセスカウンター
イスズ自動車スズキ自動車光岡自動車メルセデスベンツgmc