6月12日 高架下に高齢者施設?!

12日の午後は、練馬区で計画されている
関越道高架下への高齢者施設設置について
練馬区のみなさんや、宮本徹さんとともに国交省のレクを受けに行きました

高速道の高架下に高齢者施設、
空いてる土地を有効活用はよいでないか、と思うかもしれませんが、
高速道路の下では、振動や騒音が絶えず
けっして高齢者施設むきの土地とは決して言えない
「そんな所にははいりたくない」という声が多いというのです


練馬区は、その周辺にほかに土地がないわけでなく
単に「コストカットできるから」という理由だけで計画を進めようとしてる

国交省、高速道路機構はこの高架下の利用方法が妥当かどうか、許可する主体
なので、このみなさんの見解をきくためにレクチャーを受けたのです。
DSCF6030_convert_20120613070831.jpg
けれど、国交省は、「まだ正式な話が来ていないから何とも言えない」という。。。

【通達に照らして!】
国交省の高架下利用についての通達に照らしても

「高架下の橋脚から1.5mあけなければならない」という通達を守ると、
 「バリアフリー法」に反して、廊下が80㎝と狭くなってしまう
「他に余地がないため必要やむを得ない場合に限って」というが
 他に活用できる土地や、改修して使える施設もある

という矛盾があり、
許可できない理由はたくさんあるはずなのです

【住民の声をきけ!】
私が発言したのは住民の声をきけということ

前回のレクチャーでも
「反対あること承知。区に話し合いをお願いしている」
と言っており、住民の合意を重視する発言もあったそうなのですが、
今回の説明では
住民の声を国交省や高速道路機構としてきくかどうか明言しない・・・
「ちゃんと、住民の声をきく場を設けて!」と訴えました

練馬区は、町会の回覧板で賛成署名を集めて
賛成住民が多いかのような「やらせ」も行っている
ぜひ、自治体の言うことをうのみにするのでなく、
国として主体的に計画の是非を十分に検討してほしいと思います
  1. 無料アクセス解析
Twitter
プロフィール

吉良よし子

Author:吉良よし子
(きらよしこ)
◎日本共産党・東京都委員会 雇用と就活対策室長

  • 1982年9月14日高知県生まれ30歳
  • 早稲田大学第一文学部(日本文学専修)卒
  • 豊島区内の印刷会社で4年間、CSR(企業の社会的責任)の報告書作成支援の仕事に携わる
  • 東京都都議会議員選挙2009 豊島区候補
  • 田村智子2010参議院比例秘書をしたのち現在に至る

趣味:合唱、読書、ピアノ、映画鑑賞、観劇など

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター(2011年~)
アクセスカウンター
イスズ自動車スズキ自動車光岡自動車メルセデスベンツgmc