憲法前文 音読のスゝメ☆

「日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し・・・」

私が小学生だったころ、
5月3日の朝、母はいきなり声に出して憲法前文を読み始めました

当時、私はなんだかよくわからなくて、
いったい連休の朝っぱらから何を難しい話をしているのだろう
と疑問に思ったものです。

でも、いまなら言えます
この憲法前文、声に出して読むことをおススメしますと。

なぜなら、
憲法が「国民主権」「恒久平和」「基本的人権の尊重」
実現するために作られたものだ、と心から実感できるから

今のこの憲法があるから、
たとえ、拡大解釈により、海賊退治などを理由に海外派兵されても
(こんなこと、絶対に許せないですが
それでも、自衛隊員が人を殺さずにすんでいるのです

ちょっと古い言葉で難しい言い回しも多いけれど、
声に出して読んでみると

この憲法の理想とするものが何なのか、
そして、この憲法を変えずにまもることこそ私たち国民の大切な義務だと、
ストレートに自分の心に響いてくるし、勇気づけられます

だから、もう、残りわずかではありますが
今日のこの憲法記念日に、
憲法前文を声に出しで読んでみることをおススメします

以下、少し長いですが、日本国憲法前文です

----------------------------------------------------------

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、
われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、
わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、
政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、
ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。

そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、
その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、
その福利は国民がこれを享受する。
これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。
われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

日本国民は、恒久の平和を念願し、
人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、
平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、
われらの安全と生存を保持しようと決意した。

われらは、平和を維持し、
専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、
名誉ある地位を占めたいと思ふ。
われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、
平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

われらは、いづれの国家も、
自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、
政治道徳の法則は、普遍的なものであり、
この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、
他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

日本国民は、国家の名誉にかけ、
全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

----------------------------------------------------------
  1. 無料アクセス解析
Twitter
プロフィール

吉良よし子

Author:吉良よし子
(きらよしこ)
◎日本共産党・東京都委員会 雇用と就活対策室長

  • 1982年9月14日高知県生まれ30歳
  • 早稲田大学第一文学部(日本文学専修)卒
  • 豊島区内の印刷会社で4年間、CSR(企業の社会的責任)の報告書作成支援の仕事に携わる
  • 東京都都議会議員選挙2009 豊島区候補
  • 田村智子2010参議院比例秘書をしたのち現在に至る

趣味:合唱、読書、ピアノ、映画鑑賞、観劇など

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター(2011年~)
アクセスカウンター
イスズ自動車スズキ自動車光岡自動車メルセデスベンツgmc