6月6日 消費税のグローバルスタンダードは?!

3日の八ツ場ダム見学の後、そして、6日の夜、
それぞれ、業者や労働者の後援会で
日本共産党の提言の学習会の講師をつとめました
P1020815_convert_20120607002101.jpg
私なりに         (↑6月6日の学習会にて
「消費税に頼らなくても財政再建と社会保障充実の道がある」
という提言の話をしてきたのですが、
どちらでも出された質問が
「社会保障が充実している欧州は消費税率高いのでは?」
というモノです

でも、いまの世界の国々の主流は脱・消費税です

海外と比べて日本の消費税は低くない
消費税率だけ比べると、確かに
ヨーロッパでは10%以上が主流です。
しかし、見てほしいのは、国税全体における消費税の割合です↓
syouhizeiritsu_convert_20120607002022.jpg
[※拡大画像 (全国保険医連合会)]

このグラフをみれば、
日本の税収における消費税率は他の国と同レベルなのは一目瞭然
しかもヨーロッパでは生活必需品に消費税はかけないので、
おにぎり一個にもかかる日本の消費税とは違うのです

逆に言えば、日本政府は消費税以外の税収を上げることを
本気で考えていないとも言えます
法人税減税をやめる、雇用や給料を増やして個人収入を引き上げる
これを進めれば消費税じゃなくても税収が増えるはずです


世界の流れは消費税増税NO!
もう一つ。
ヨーロッパでは消費税増税を掲げた政権が選挙で負けています。
筆頭はフランスの大統領選
消費税率3%アップをねらったサルコジ政権は選挙に負けました
その他、この1年で10か国以上で消費税NO!の審判が下ってます

そして、アメリカ、フランス、スペインなどでは
富裕層への増税政策がすすめられている

これこそが税制のグローバルスタンダードなのです
[※参考:5月20日赤旗記事]
~~~~~
P1020740_convert_20120607004845.jpg(←6月3日の学習会)
3日、6日の学習会でもこれらのお話ししましたが
「このことをもっと宣伝してほしい!!」と納得と激励の感想も出されました

ちなみに、先日の毎日世論調査では
消費税増税反対が57%に増えていて
「消費税を引き上げなくても社会保障維持は可能」という人も38%

  (10ポイント増です
日本の世論も増税反対に動いてます

このグローバルスタンダードの話、提言の内容、どんどん広げて
消費税増税断固阻止へがんばります
  1. 無料アクセス解析
Twitter
プロフィール

吉良よし子

Author:吉良よし子
(きらよしこ)
◎日本共産党・東京都委員会 雇用と就活対策室長

  • 1982年9月14日高知県生まれ30歳
  • 早稲田大学第一文学部(日本文学専修)卒
  • 豊島区内の印刷会社で4年間、CSR(企業の社会的責任)の報告書作成支援の仕事に携わる
  • 東京都都議会議員選挙2009 豊島区候補
  • 田村智子2010参議院比例秘書をしたのち現在に至る

趣味:合唱、読書、ピアノ、映画鑑賞、観劇など

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター(2011年~)
アクセスカウンター
イスズ自動車スズキ自動車光岡自動車メルセデスベンツgmc