4月26日 労働相談 やりました!

先日お知らせしたとおり、
26日は14時~16時に池袋駅西口にて、街頭労働相談やりました

相談にこられたのは10人で、そのうち4人は
生活保護の申請に行くことになりました

そうした切羽詰った相談だけでなく、
青年向けの労働や生活に関するアンケートも実施したのですが、
こちらにも30人の方がご協力くださいました

ありがとうございました


そして、私も数人の方からお話を聞きました

P1000097_convert_20090426233031.jpg


正社員だけれども、製造業で工場の稼働時間が減り
休みが増えてしまって、先行きに不安を覚えているという30代の方

最近刑務所を出たところで、現在更生保護施設に住んでいるが
半年後に施設を出て行かなければならない
けれど、アルバイトで給料は安いし、連帯保証人もいなくて
一人暮らしできる見通しがたたない、という方

昨年、3月に交通事故にあい、それを理由に内定取り消しされてしまい、
派遣として働いていたら、12月末に派遣切りにあって寮を追い出され、
いま、アルバイトをしながら正社員の道を探っているが、
こうした経緯を面接で話したら、面接を落とされてしまったという23歳の若者

などです

みんな、働き方や直面している状況はさまざまですが、
共通しているのは「将来に対する不安」です。。。

「将来、自分は安心して生きていられるのだろうか・・・」
「これからどうやって生きていけばよいのだろうか・・・」

そんな不安な声が聞こえてくるようでした

みんな20代~30代のいわゆる働き盛りの世代でもあるのに、
そんな若い世代がこんなに将来に対して不安がある。
将来といっても10年20年先ではなく、1年先にも不安があるのです


未来を担っていく若者が
1年先にも不安を感じる世の中って絶対におかしい
若者が「人間らしく働き、くらせる世の中」にするため、
なんとかしなくてはならない


という決意を新たにしました


皆さんの声、しっかり受け止めて、都政に届けるべくがんばります
ご協力、ありがとうございました

最後になりましたが、一緒に相談活動した、
青年の皆さん、弁護士や専門家の皆さん、
その他ご協力くださった皆さん、本当にありがとうございました

お疲れ様でした
  1. 無料アクセス解析
Twitter
プロフィール

吉良よし子

Author:吉良よし子
(きらよしこ)
◎日本共産党・東京都委員会 雇用と就活対策室長

  • 1982年9月14日高知県生まれ30歳
  • 早稲田大学第一文学部(日本文学専修)卒
  • 豊島区内の印刷会社で4年間、CSR(企業の社会的責任)の報告書作成支援の仕事に携わる
  • 東京都都議会議員選挙2009 豊島区候補
  • 田村智子2010参議院比例秘書をしたのち現在に至る

趣味:合唱、読書、ピアノ、映画鑑賞、観劇など

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター(2011年~)
アクセスカウンター
イスズ自動車スズキ自動車光岡自動車メルセデスベンツgmc