3月12日 「みんなに『提言』大きく広げて!」~★各界懇談会★

今日、日本共産党(中央委員会)主催で、
「消費税大増税ストップ!社会保障充実、財政危機打開」の提言
をつかって各界との懇談会が開催されました
P1080521_convert_20120312210957.jpg
参加したのは68団体100人と、10人の有識者
あわせて110人のみなさんです

まず、志位和夫委員長から提言についての報告があり、
提言の基本的な考え方として
①社会保障充実と国民の所得、景気回復を一体に
②段階的な提案にしたこと
③財源の考え方を「応能負担原則」に大本から変えたこと
④民主的な国際経済秩序の観点に基づいていること

の4つが示されました
(※詳しくは【動画】「各界懇談会 志位委員長が報告」を!)
P1080495_convert_20120312210821.jpg
そのあと、みなさんから意見が続々と出されます

「消費税NO,社会保障は充実、という原則から出発し、
 現実的、かつ具体的で経済政策とセットなのがよい」

(暮らしと経済研究室 山家 悠紀夫さん)

「大型スーパーやチェーン店の展開で地元の商店は経営難。
 いまはなんとか消費税支払えているが、倍になれば経営できないだろう」

(税経新人会全国協議会)

「劇団もチケット代に消費税転嫁できない。
 景気が悪化すれば、国民に文化を楽しむ余裕もなくなる。
 消費税は最終手段では?!」

(公益法人能楽協会)※映画業界からも同様の指摘がありました

「消費税増税では、子供の貧困と格差が広がる。
 家計の不安は、子どもの成長にも影響する。」

(日本高等学校教職員組合)

「消費税は不公平で弱者の立場に立っていない。
 雇用の質を守っているのは中小企業。
 提言にあるように、安心感でこそ日本は栄える!」

(中小企業同友会)

「ぜひこの提言を幅広く広げて、実現へ近づけて」
(中央大学名誉教授 今宮謙二さん)

などなど、さまざまな立場からの消費税増税政策への怒りと、
それに対する「提言」への期待の声が上がりました
P1080503_convert_20120312211415.jpg
財政再建政策としての「消費税増税」は破たんしているし、
本当に景気を良くするためには、
雇用の拡充と社会保障充実で国民のふところと心をあっためてこそ

みなさんの話をきいて、そのことを改めて実感です

あらためて、この提言の内容を
幅広い皆さんに伝えるべく、私も全力をつくします
  1. 無料アクセス解析
Twitter
プロフィール

吉良よし子

Author:吉良よし子
(きらよしこ)
◎日本共産党・東京都委員会 雇用と就活対策室長

  • 1982年9月14日高知県生まれ30歳
  • 早稲田大学第一文学部(日本文学専修)卒
  • 豊島区内の印刷会社で4年間、CSR(企業の社会的責任)の報告書作成支援の仕事に携わる
  • 東京都都議会議員選挙2009 豊島区候補
  • 田村智子2010参議院比例秘書をしたのち現在に至る

趣味:合唱、読書、ピアノ、映画鑑賞、観劇など

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター(2011年~)
アクセスカウンター
イスズ自動車スズキ自動車光岡自動車メルセデスベンツgmc