3月1日 実体経済のおきざりはダメ!~中小企業団体と懇談

昨日の雪がうそみたいにあったかくなった今日、
小池あきら党政策委員長宮本徹衆院予定候補とともに
都内の中小企業関連の団体にうかがって、
「消費税増税ストップ!」の提言コチラ)をお渡し、懇談してきました

まず伺ったのが、「東京中小企業家同友会」HP
小池さんが提言の簡単な説明をすると、
いまの景気で消費税増税は、中小の経営を圧迫するだけ
「社会保障との一体改革というのも消費税増税のためのまやかし
「国庫の中の数字の計算だけでなく、実体経済を上向けることが大事

など、意見が次々と!
P1080208_convert_20120301161458 (2)

また、法人税率については小池さんから
いますぐ法人税率を引き上げはしないで、
法人税の減税ストップさせる
大企業にも税率どおり40%をちゃんと支払ってもらう
(大企業優遇税制を見直す)
  (※実際に大企業が支払っている税金は・・・
   ・ソニー13.3% ・京セラ16.7% ・住友化学17.2%など)
というカタチで財源確保を図り、

将来的に景気が上向いてきた段階で、
国際的協調で、歩調そろえて法人税引き上げへ

という今回の提言の内容を説明すると、
「その通りです!」
中小業者は額面どおりはらっているところがほとんど
きちんと税金を払いながら、内部留保も確保する方法を取ってこそ、
本当の企業成長につながると考えています!」

と、話もしっかりかみ合って、
「内需主導」での経済改革を語っている日本共産党の政策とも
一致することが明らかになりました

そのほか、
中小企業団体中央会(HP)、東京工業団体連合会(HPなどにも
お邪魔して、提言をお渡ししました
P1080214_convert_20120301165809b.jpg
実体経済を置き去りにした消費税増税はやっぱりダメ
経済の根幹の中小企業、農林漁業などを応援する政策こそが、
長期の経済成長につながる、ということを
この懇談でも実感です
  1. 無料アクセス解析
Twitter
プロフィール

吉良よし子

Author:吉良よし子
(きらよしこ)
◎日本共産党・東京都委員会 雇用と就活対策室長

  • 1982年9月14日高知県生まれ30歳
  • 早稲田大学第一文学部(日本文学専修)卒
  • 豊島区内の印刷会社で4年間、CSR(企業の社会的責任)の報告書作成支援の仕事に携わる
  • 東京都都議会議員選挙2009 豊島区候補
  • 田村智子2010参議院比例秘書をしたのち現在に至る

趣味:合唱、読書、ピアノ、映画鑑賞、観劇など

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター(2011年~)
アクセスカウンター
イスズ自動車スズキ自動車光岡自動車メルセデスベンツgmc