9月12日 路上生活者の生活再建@民青同盟と都庁要請

9月12日、東京の民青同盟のみなさんが、
ずっと取り組んでいる労働相談の経験をふまえて行なった
「路上生活者の保護・生活再建についての要請」に私も参加

○緊急一時保護センターの定員増
○同センターなどの施設に個室つくること
○蚤ダニ対策など無料低額宿泊所の調査・指導
○支援政策の周知


などについて要請しました。

蜷芽憶縺輔s蜀咏悄_convert_20110916173252

今回、民青同盟のみなさんは2回目の要請でしたが、
ここで話題になったのが施設の個室化の問題

同盟員の学生の「なぜ、集団部屋に?」という質問に対して
都の担当者は
「生活指導員の目が行き届くよう
 最低2週間は集団生活を送ってもらう」

と上から目線の回答

しかし、プライバシー、防犯の面からも
集団部屋は生活再建の場としてよい環境ではありません
私も
「実際にはこの集団生活が苦になって
せっかく入った施設を逃げ出してしまう方もいる。
本当に生活再建につながる仕組みを!」
と発言

その中で民青の第1回の要請なども受けて
「カーテンで仕切るなどの対応し始めた」
「新しい施設は4人部屋を基本にしている」
など、
東京都もプライバシー観点での対策を
進め始めたことがわかりました

また、一時避難支援センターの定員増については
「増やす計画ない」との回答ですが、
新宿や豊島などに集中している実態について告発すると
「新宿・豊島については調べてみる」との回答もあり一歩前進

こうした実態を知らせる活動を
積み重ねていくことが大切だな、と実感です
  1. 無料アクセス解析
Twitter
プロフィール

吉良よし子

Author:吉良よし子
(きらよしこ)
◎日本共産党・東京都委員会 雇用と就活対策室長

  • 1982年9月14日高知県生まれ30歳
  • 早稲田大学第一文学部(日本文学専修)卒
  • 豊島区内の印刷会社で4年間、CSR(企業の社会的責任)の報告書作成支援の仕事に携わる
  • 東京都都議会議員選挙2009 豊島区候補
  • 田村智子2010参議院比例秘書をしたのち現在に至る

趣味:合唱、読書、ピアノ、映画鑑賞、観劇など

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター(2011年~)
アクセスカウンター
イスズ自動車スズキ自動車光岡自動車メルセデスベンツgmc