8月14日・18日・19日 放射線、きめこまかい測定を!

8月14日、18日、19日の三日にわたって
豊島区内の公園を中心に放射線測定を行いました
P1050436_convert_20110902132446.jpg
↑西巣鴨の朝日児童遊園にて。地域のみなさんとも一緒に。

豊島区では6月の区長申し入れの成果もあって
各地で放射線測定をしていますが、
広場の真ん中を測るだけでなく
側溝や植込み部分などの「ホットスポット」はどうか

そこで、物理学の先生をしているWさんの
援助を受けて今回の行動を実行しました

測定したのは区内11箇所の公園。
「RADEX」というガイガー・ミューラー計数管。
40秒ごとの値×4回(160秒間)の平均値
を出しました。

結果、0.01μSv/h~0.20μSv/hの放射線が検出されました
(詳しい結果はコチラ[PDF]

これだけ幅のある結果になったのにも驚きましたが、
素人ながらの感想としては、
水はけのよさそうな小さな公園は比較的放射線量が低く、
木の生い茂っている大き目の公園は高めだったと思います。。。

また、同じ公園内でも、
ブランコの下の人工芝マットだけが空気中の4倍近くの数値が出たりと、
やはり「ホットスポット」と思われる場所があったのも印象的です
P1050437_convert_20110902132556.jpg
↑上がり屋敷公園、側溝の上(0.19μSv/hの表示が出ています。)

でも、こうした人工マットなどは取り替え可能なはず!

放射線は浴びなければ浴びないだけよいのですから、
子どもたちが普段触れる可能性のある場所の
放射線量をできるだけ低くする対策を求めたい

なにより、素人測定には限界もありますから、
気候条件、風向きなども配慮に入れながら、
機関や専門家によるきめ細かな測定が必要だと痛感しました
P1050383_convert_20110902132007.jpg
↑西池袋公園にて。小林区議、河野区議とも一緒に。

測定しながら
手づくりの『放射線測定中』の旗を掲げていると
「放射線って豊島でも出るの?」
「不安だったから、本当に助かります」

と若いお母さんをはじめいろんな方が声をかけてくれました

こうしたみなさんの不安に応えるためにも、
定期的な測定行動を今後も続けていこうと思っています
  1. 無料アクセス解析
Twitter
プロフィール

吉良よし子

Author:吉良よし子
(きらよしこ)
◎日本共産党・東京都委員会 雇用と就活対策室長

  • 1982年9月14日高知県生まれ30歳
  • 早稲田大学第一文学部(日本文学専修)卒
  • 豊島区内の印刷会社で4年間、CSR(企業の社会的責任)の報告書作成支援の仕事に携わる
  • 東京都都議会議員選挙2009 豊島区候補
  • 田村智子2010参議院比例秘書をしたのち現在に至る

趣味:合唱、読書、ピアノ、映画鑑賞、観劇など

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター(2011年~)
アクセスカウンター
イスズ自動車スズキ自動車光岡自動車メルセデスベンツgmc