震災ボランティア報告④ 再び言葉を失う@女川

■女川にて

二日目、作業が予定より早めに終わったこともあり、
空いた時間を使って、隣の女川まで足を伸ばし、
原発を外からでも見てみようということに

ところが、原発にたどり着く前に絶句したのは
女川町の被災の様子。。。
P1040410_convert_20110607101630.jpg

石巻以上の状況で、海が近く平野部が少ないため、
ほとんどの建物が流されて、
ひっくり返っている家や折れた電柱・・・
あまりの惨状にまたまた絶句してしまいました。
P1040411_convert_20110607102054.jpg
P1040422_convert_20110607102312.jpg

石巻だけでない、果てしなく広い範囲で
それぞれの街がそれぞれ被災し生活が壊されている
「東日本」大震災と呼ばれるゆえんを実感です

ちなみに
女川原発の方はPRセンターが避難所として使われており、
そこから原発を眺めるわけにはいかなかったので
木の間から垣間見するていどでしたが、
それでもその大きさはわかりましたし、不気味に思いました
P1040429_convert_20110607102343.jpg

ちなみに、
女川も電源1個だけ残ったから何とかなっただけで
実は、危ない事態であったことには変わりなかったという話。。。

やはり、
地震列島である日本で54基もの原発をかかえることは、
本当に危険だと思います
  1. 無料アクセス解析
Twitter
プロフィール

吉良よし子

Author:吉良よし子
(きらよしこ)
◎日本共産党・東京都委員会 雇用と就活対策室長

  • 1982年9月14日高知県生まれ30歳
  • 早稲田大学第一文学部(日本文学専修)卒
  • 豊島区内の印刷会社で4年間、CSR(企業の社会的責任)の報告書作成支援の仕事に携わる
  • 東京都都議会議員選挙2009 豊島区候補
  • 田村智子2010参議院比例秘書をしたのち現在に至る

趣味:合唱、読書、ピアノ、映画鑑賞、観劇など

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター(2011年~)
アクセスカウンター
イスズ自動車スズキ自動車光岡自動車メルセデスベンツgmc