2月15日 「トイレの神様」…でも区民に冷たい豊島区政

15日、豊島区議会の代表質問の傍聴に行ってきました。
質問にたったのは、河野たえ子区議です
P1030255_convert_20110218172307.jpg

「困っている区民のための区政を」という立場で
  区民支援政策(中小支援や、生保のお風呂券増強など)
  各施設のトイレなどの改修
  国保値上げ反対

などを訴えました。

成果があったのはトイレの方
「『トイレの神様』といわれていますし…」
などと、枕詞もつけながら、水島副区長が
「適宜トイレの改修など必要な改修は行う
ひとつ道が開けました。

道が開けなかったのは
国保問題や、直接的な区民支援の政策

高野区長は
「全国的な流れに沿って」
「他の制度との兼ね合いで…」

と理由をつけつつ拒否し、
区民に背を向ける姿勢を変えようとはしない

たしかに国保の値上げの大本は
国の助成金が減ったことにありますが、
それを区民にそのまま押し付けるのでなく、
国や都に対して、助成の増強を求めるのが
最後の防波堤である自治体の役割では??


区民に冷たい区政が実感できる傍聴でした
P1030256_convert_20110218172404.jpg
  1. 無料アクセス解析
Twitter
プロフィール

吉良よし子

Author:吉良よし子
(きらよしこ)
◎日本共産党・東京都委員会 雇用と就活対策室長

  • 1982年9月14日高知県生まれ30歳
  • 早稲田大学第一文学部(日本文学専修)卒
  • 豊島区内の印刷会社で4年間、CSR(企業の社会的責任)の報告書作成支援の仕事に携わる
  • 東京都都議会議員選挙2009 豊島区候補
  • 田村智子2010参議院比例秘書をしたのち現在に至る

趣味:合唱、読書、ピアノ、映画鑑賞、観劇など

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター(2011年~)
アクセスカウンター
イスズ自動車スズキ自動車光岡自動車メルセデスベンツgmc