12月16日 厚労省への要請行動

16日、日本共産党の東京都委員会と
都内の地方議員のみなさんとで厚生労働省に要請に行きました

要請したのは、
① 雇用
   (若年雇用の確保、就活支援、派遣切りストップ、年末の越年対策など)
② 保育、子育て
   (認可保育所増設、幼保一元化の中止、不妊治療助成の拡充など)
③ 医療、国保
   (国保料の引き下げ、後期高齢者医療制度の見直しなど)
④ 介護
   (要介護認定制度の改善、介護労働者の労働条件改善など)

の4分野について

P1010563_convert_20101220140259.jpg
↑豊島区議団のぎぶ区議と一緒に厚労省側の回答をきいています。

それぞれ、地方議員の皆さんなどが、
地域の実態などの実例を挙げながら、
要請項目の実現を迫りました。

厚労省の回答としては、
小さな前進は多少あったものの
基本的にはこれまでの路線を変えないというもので
なかなか・・・

特に、私が報告したいのは雇用問題について

この間、就活問題について取り組みましたが、
その就活支援については、
3者(大学・財界・政府)協議を始めたり、
企業に対する新卒雇用促進を要請したりと
ある程度の成果もありました。

しかしひどいのは、路上生活者の越年対策について

東京都は、今年は公設で派遣村は開かないと言っており、
も、12月28日までは現行の体制のまま取り組み、
28日以降で宿泊施設をどうするか検討します

という回答。。

しかし、28日では
役所が閉まってしまい、対応が遅すぎます
「もっと早く対応しろ」という声が相次ぎました

私も前日の池袋派遣村
区役所の大変な実情も目の当たりにしていますし、
切実な問題であることを痛感していたところ

国にはもっとイニシアティブをもって
こうした問題に対応してもらいたいものです


そんなわけで、今回は
すっきりというわけにはいきませんでしたが、
現場の声を国にも届ける取り組み、今後も続けていきたいと思います

P1010576_convert_20101218163011.jpg
↑一緒に要請した笠井亮衆院議員田村智子参院議員とも記念撮影
  1. 無料アクセス解析
Twitter
プロフィール

吉良よし子

Author:吉良よし子
(きらよしこ)
◎日本共産党・東京都委員会 雇用と就活対策室長

  • 1982年9月14日高知県生まれ30歳
  • 早稲田大学第一文学部(日本文学専修)卒
  • 豊島区内の印刷会社で4年間、CSR(企業の社会的責任)の報告書作成支援の仕事に携わる
  • 東京都都議会議員選挙2009 豊島区候補
  • 田村智子2010参議院比例秘書をしたのち現在に至る

趣味:合唱、読書、ピアノ、映画鑑賞、観劇など

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター(2011年~)
アクセスカウンター
イスズ自動車スズキ自動車光岡自動車メルセデスベンツgmc