12月12日 語られなかったアジアの歴史

12日、元参議院議員の吉川春子さんなどが中心につくった
「慰安婦」問題とジェンダー平等ゼミナール
の第2回ゼミに参加しました

第2回目のテーマは
『語られなかったアジアの歴史~「慰安婦」問題の現状と展望』

日本軍制度冷静を裁く女性国際戦犯法廷で活躍された
早大名誉教授 中原道子さんによる慰安婦問題についての概要と
訴訟の内容、現在の状況についての報告
元日本兵(日本軍軍属)の松原勝さんによる証言
グループディスカッション
という形でした。
P1010498_convert_20101218164539.jpg
↑お話しているのは松原さんです

やはり衝撃だったのは松原さんのお話
トラック島というサイパンの近くの島にいたときに
「慰安所」があり、松原さんも日本軍のつくった
出入証を使って通っていたということ

1998年当時の中川農水相が
「(慰安婦問題を)教科書に載せることを疑問に感じている」
という発言をしたことに対し、
歴史的事実をなかったことにしてはならないと立ち上がり
「私はその部隊にいた」と証言したのがきっかけで
今回のようにいろんなつどいでお話なさっているそう

言葉を交わした「慰安婦」の方は、
「騙されてつれてこられた。けれど、こんな戦場で
イヤだと言っても逃げられないしどうしようもない。」
と言っていたそうで、
彼女たちの心情に思いをはせれば黙っているわけにはいかない
という松原さんの真心には感動しました

また、中原さんのお話も理路整然としていて
「慰安婦」の実態や、それが問題化した経緯、
女性国際戦犯法廷での戦いの意義などが良くわかりました

なにより、
「「慰安婦」の問題は決して過去のことではなく、
いまのDVなどのジェンダー問題にもつながる話。
だからこそ、超党派での一刻も早い解決を!」

という言葉が印象的で、
「慰安婦」問題が過去の問題ではない、ということを
再度、胸に焼き付けました

当日は学生さんから年配の方、男性も女性
全国からの参加者があり、新たな出会いもありました

次回、5月はDV問題をテーマに学習する予定で、
また参加して学習しようと思います
  1. 無料アクセス解析
Twitter
プロフィール

吉良よし子

Author:吉良よし子
(きらよしこ)
◎日本共産党・東京都委員会 雇用と就活対策室長

  • 1982年9月14日高知県生まれ30歳
  • 早稲田大学第一文学部(日本文学専修)卒
  • 豊島区内の印刷会社で4年間、CSR(企業の社会的責任)の報告書作成支援の仕事に携わる
  • 東京都都議会議員選挙2009 豊島区候補
  • 田村智子2010参議院比例秘書をしたのち現在に至る

趣味:合唱、読書、ピアノ、映画鑑賞、観劇など

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター(2011年~)
アクセスカウンター
イスズ自動車スズキ自動車光岡自動車メルセデスベンツgmc