12月8日 署名請願が不採択に・・・↓↓

2日に引き続き、
8日も総務委員会の傍聴席いっぱいに傍聴者がつめかけて
P1010470_convert_20101213141140.jpg
みんなで最後まで議論の行方を見守りましたが
ついに「庁舎位置変更条例」が通されてしまいました


でも共産党の渡辺・ぎぶ区議は今回も大活躍

なにしろ、自民、公明、民主の議員
「(新庁舎移転の)議論はし尽くされた」
「池袋の再開発推進のためにも、今回の条例を一刻も早く通すべき」と、
午前中にも採決をしようとしたのです

しかし、「まだまだ問題点は山ほどある」と
渡辺・ぎぶ両区議が指摘
P1010426_convert_20101213141234.jpg

①「普通のマンションでさえ立替が難しいのに、
  マンション合築の庁舎の立替・修繕が簡単にできるとは思えない」
②「環境に優しい計画と言うが、 
  ビルの工事するだけでCO2排出量が増えるのでは?
③「防災拠点としては狭すぎる


など次々と質問して、採決に持ち込ませません
しかもこれらの質問に対して区側は・・・

「10年後にはマンション立替問題は国の大問題になるから、
  きっと国が法整備をしてくれる」
 →と、他人任せの希望的観測を述べるのみ
「たしかに池袋周辺のCO2排出量は開発で増えてしまうが、
  これは地球規模の問題だから・・・」
 →と、自分は増やしちゃうけど他の所で減らして、という無責任さ
「災害時、区内の来庁者には基本地域にもどってもらって、
  職員は職務に従事してもらい、残りは南池袋小学校へいってもらう」
 →って、大災害の時にそんな移動が簡単にできるのか疑問です
というような曖昧で無責任としか思えない回答しかできません

さらに、極めつけは区民の声の問題について
12地区で行われた説明会の場で区が
「反対意見については受け付けない」という主旨の説明を
したことについて
「最初から区民の生の声を聞こうとしていない態度。
こうした区政の態度は大きな問題。」

と渡辺区議が追及したのです

これには、傍聴席からも
「そうだ。」「俺も確かにそう言われた。」
という声が思わずでてきてしまうくらい盛り上がり、
区側は「ニュアンスは違う」としながらも
こうした発言をしたことは認めざるを得ませんでした

こうしたやりとりで議論は16時まで引き延ばされ、
●計画内容が曖昧で、不透明な点が多すぎること、
●区民の声を生かしたものでは決してないこと

などが明らかに

それでも自民、公明、民主・区民の各会派は、
「今日中に採決を」と採決を押し切って条例案に賛成
P1010476_convert_20101213141439.jpg

6131名にも上った署名請願
共産党以外の会派により不採択になりました

悔しいです。。。

でも、共産党の区議のみなさんの大奮闘は感動でしたし
春にはいっせい地方選があります
選挙は民意を示す最大のチャンスです

だからこそ、
新庁舎をめぐるたたかいはまだまだこれからです

  1. 無料アクセス解析
Twitter
プロフィール

吉良よし子

Author:吉良よし子
(きらよしこ)
◎日本共産党・東京都委員会 雇用と就活対策室長

  • 1982年9月14日高知県生まれ30歳
  • 早稲田大学第一文学部(日本文学専修)卒
  • 豊島区内の印刷会社で4年間、CSR(企業の社会的責任)の報告書作成支援の仕事に携わる
  • 東京都都議会議員選挙2009 豊島区候補
  • 田村智子2010参議院比例秘書をしたのち現在に至る

趣味:合唱、読書、ピアノ、映画鑑賞、観劇など

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター(2011年~)
アクセスカウンター
イスズ自動車スズキ自動車光岡自動車メルセデスベンツgmc