8月30-31日 政治でないと変えられない

都内の学生による
「街頭労働相談ボランティア」活動に参加しました

30日に街頭労働労働相談をし、
31日の朝に生活保護の希望者の方につきそう
P1000434_convert_20100831224656.jpg
という活動です。(※写真は30日新宿西口で相談に乗る学生さんたちです)

私は、労働相談は何度か経験していましたが、
生活保護申請の付き添いははじめて

私が付き添ったMさん
生活保護を新宿区でいったんうけるものの、
紹介された施設の環境が劣悪
別の区の施設に移りたいと豊島区での申請を希望しました

しかし、
いったん新宿での申請が通っているため
豊島では申請を受けられないとのこと

本人の希望をなんとかかなえられないか
押し問答もしましたが、なんともならず、
いったん新宿にもどって相談することに


なんともうまくいかない結果は残念でしたが、
このとき印象的だったのが区の担当者の方の言葉

私だって希望をかなえてあげたい。
でも豊島も、いまは一部屋4人の劣悪な施設しか空いていない。
ケースワーカーもひとりで100人近くの面倒をみていて
1人ひとりの事細かな対応はできないんだ。
区の職員も、毎日、早朝出勤~深夜残業で、もう限界なんです

こんな息苦しい現場では、
相談者の希望どおりにことが進まないのは当たり前です


もっと、区の担当をふやすことはできないのか、
施設をもっと増やすことはできないのか、
まちの仕事を増やし路上生活者を少しでも減らせないのか、
………。

担当者ひとりに押し付けられない
政治でないと変えられない問題
がずっしりと
居座っていることを感じた経験でした。
(公務員も削減する方向で本当によいのでしょうか


ちなみにMさん
新宿に行ったら、前より環境のよい施設を
紹介してもらえたということでこちらは一段落です
(そもそも施設ごとに優劣があるのも問題だとは思いますが。。
  1. 無料アクセス解析
Twitter
プロフィール

吉良よし子

Author:吉良よし子
(きらよしこ)
◎日本共産党・東京都委員会 雇用と就活対策室長

  • 1982年9月14日高知県生まれ30歳
  • 早稲田大学第一文学部(日本文学専修)卒
  • 豊島区内の印刷会社で4年間、CSR(企業の社会的責任)の報告書作成支援の仕事に携わる
  • 東京都都議会議員選挙2009 豊島区候補
  • 田村智子2010参議院比例秘書をしたのち現在に至る

趣味:合唱、読書、ピアノ、映画鑑賞、観劇など

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター(2011年~)
アクセスカウンター
イスズ自動車スズキ自動車光岡自動車メルセデスベンツgmc