たまには・・・♪

最近、休日は少なくなっているのですが
それでも、正月休みなど、ちょこちょこ合間ぬって
映画などを見て息抜きをしています
今回はその感想です


1つめは・・・
のだめカンタービレ

原作も読破しドラマもアニメも視聴済み
ちなみにドラマ放映時は友人とエキストラしに行ったことも

という訳で、映画まで見なくてもいいかな・・・
と思いつつ、ついつい行って参りました


でもみてよかった

やっぱり、音楽のドラマですから、
漫画だけでは聴けない音楽を満喫できました

私の最高は“ぼろ”ボレロ
最高に笑えました

バックミュージックはすべてクラシック
どの場面にもマッチしていて
あらためて、クラシック音楽ってすごいなって素直に感動もしました

映画館でみることをおススメしたい一本です

                             

2つめが・・・
キャピタリズム

「のだめ」とは一転。
いわずと知れたマイケル・ムーア監督のドキュメンタリー作品です。
P1060278_convert_20100116231537_convert_20100116231849.jpg

マイケル・ムーア監督の作品は「華氏911」
観たときに、うっかり寝てしまった過去があり、
「シッコ」はいまだにみておらず
正直、この作品もみに行くのをためらったのですが
みておかなきゃいけない気がして行ってきました

でもこれも、みてよかった

↓↓↓
アメリカで「資本主義」という言葉を「夢」のようにばら撒いて
その結果、格差と貧困が広がった
いつしか、政治は一部の富裕層のために行われている
そんな様子が面白くわかりやすく描かれていました

私の感動ポイントは、
そんな中でも立ち上がった人たちがいたところ
シカゴの工場の人々のたたかいの様子には
なんだかすごく感動しちゃいました

人と人が手を取り合ってみんなで立ち上がる姿
そしてそれをみんなで応援する姿
お互いを信じあい、未来を信じる姿
なんともいえず胸が熱くなるのです

今の社会って何だろう
どうすれば未来を変えられるのだろう
そんなことを考えるきっかけになる映画です
  1. 無料アクセス解析
Twitter
プロフィール

吉良よし子

Author:吉良よし子
(きらよしこ)
◎日本共産党・東京都委員会 雇用と就活対策室長

  • 1982年9月14日高知県生まれ30歳
  • 早稲田大学第一文学部(日本文学専修)卒
  • 豊島区内の印刷会社で4年間、CSR(企業の社会的責任)の報告書作成支援の仕事に携わる
  • 東京都都議会議員選挙2009 豊島区候補
  • 田村智子2010参議院比例秘書をしたのち現在に至る

趣味:合唱、読書、ピアノ、映画鑑賞、観劇など

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター(2011年~)
アクセスカウンター
イスズ自動車スズキ自動車光岡自動車メルセデスベンツgmc