11月26日 30年後も持続可能な企業とは・・・(CSRセミナー)

少し前になりますが、11月26日に、
以前勤めていた会社主催のCSRセミナーが開催され
ちょうど、時間が空いたので私も参加しました

h1_top_convert_20091207000602.gif
(↑イメージ画像です)

今回のテーマは「ESG」
「E」=環境、「S」=社会、「G」=ガバナンス(企業統治)
この3つの観点が、今後の企業評価の軸となるのではないか、
という内容のセミナーでした

講演者だった財界関係者や金融系シンクタンク等の方々は、
「自分の子どもの世代に何を遺していくのかが
投資の世界でも重要になってくる。だから、30年投資

「投資といえば、財務数値(結果)が重視されがちだが、
持続可能な企業を見極めようとすれば、
資源・エネルギーや従業員・コミュニティなどでの行動
評価の対象
となる」

などおっしゃっていました。

つまり、
これからの世の中、短期的な視点だけでなく、
環境負荷をどうするのか、従業員をどう扱うのかということも含めた
長期的な視点での経営や投資が重視されだす、というお話です

この話を聞いて、こうした考え方が
「ルールある経済社会を」という日本共産党の考えとも
一致する点もあるなぁという思いを強くしました

日本共産党は
「企業がつぶれればいい」と思っていると思われがちですが
実際は・・・
企業の経済力に応じて社会にも還元してね
さらに企業で働く人も大切にあつかってね
そして、企業も人も末永く共存・発展できる社会をつくろう

という立場なのです

だから、30年投資をしようという
今回のセミナーの内容とも一致するな~と思って
企業と一緒に社会をよくしていく日も近いのではないか
なんて思って少し嬉しくなりました

みなさんは、どう考えますか

少なくとも私にとっては
この企業の社会的責任の話は今後も大事なテーマです

  1. 無料アクセス解析
Twitter
プロフィール

吉良よし子

Author:吉良よし子
(きらよしこ)
◎日本共産党・東京都委員会 雇用と就活対策室長

  • 1982年9月14日高知県生まれ30歳
  • 早稲田大学第一文学部(日本文学専修)卒
  • 豊島区内の印刷会社で4年間、CSR(企業の社会的責任)の報告書作成支援の仕事に携わる
  • 東京都都議会議員選挙2009 豊島区候補
  • 田村智子2010参議院比例秘書をしたのち現在に至る

趣味:合唱、読書、ピアノ、映画鑑賞、観劇など

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター(2011年~)
アクセスカウンター
イスズ自動車スズキ自動車光岡自動車メルセデスベンツgmc