9月28日 区議会も傍聴☆

28日は豊島区の区議会を傍聴してきました

本会議二日目の28日、日本共産党からは
河野たえ子区議会議員が質問に立ちました
P1020869_convert_20090929012904.jpg

質問内容は
①都市化の中でみどりをふやすこと
②国民健康保険の被保険者本位の運用

について。

                      

とくに①の環境問題では、以下の2点について詳しく追及されていました。

温暖化問題
民主党政権が2020年までに温室効果ガス25%減(90年比)の
方針を出したことを受けて、
2025年に温室効果ガス22%以上減(90年比)という
豊島区の方針をみなおす必要がある

区庁舎問題
●緑化部分が全体の29%にしかならない点、
●ビル風が強くなり、周辺のみどりが育たなくなるかもしれない点

など環境の側面からみても計画を見直すべきでは


それに対して区長は・・・
どちらの計画も「見直すつもりはない(必要ない)」
という態度を崩しませんでした

しかし・・・

温室効果ガスの削減
国の方針に合わせて
区でも目標達成できるよう協力する必要がある

のではないでしょうか

新庁舎計画
⇒この計画は、今の区庁舎のある土地を長期に貸して、
そのお金を元に南池袋のほうに、分譲マンションと一緒に
新庁舎を立てようという計画です

⇒今回のみどりの問題だけでなく、
①不況の元、土地が試算どおりに売れる可能性が低い(資金計画の破綻)
②地権者のなかに反対者がいる(区民への説明不十分)
③分譲マンションとの合築でよいのか
 (維持管理費は税金?権利は?など将来にわたる問題の複雑化)

などの問題点があります

⇒みどりや環境に配慮することはもちろん、
住民の意見をきちんと反映させた庁舎建設、
そして、街づくりを進めるのは区政の責任

だと思います・・・

都政と同じく区政でも国政の変化が反映されない
そんな様子が見られました

                      

でも、世の中は確実に変わりつつあります

国政もですが、たとえば、世界では
国連の安保理で全会一致で『核兵器のない世界』の決議か可決されたり、
G8どころかG20の規模で世界の経済・貧困について話し合われたり・・・


こうした世の中の変化を確信にして
自分たちの街を、社会を、
生きやすくするためにみんなでがんばりたい
と思うのです
  1. 無料アクセス解析
Twitter
プロフィール

吉良よし子

Author:吉良よし子
(きらよしこ)
◎日本共産党・東京都委員会 雇用と就活対策室長

  • 1982年9月14日高知県生まれ30歳
  • 早稲田大学第一文学部(日本文学専修)卒
  • 豊島区内の印刷会社で4年間、CSR(企業の社会的責任)の報告書作成支援の仕事に携わる
  • 東京都都議会議員選挙2009 豊島区候補
  • 田村智子2010参議院比例秘書をしたのち現在に至る

趣味:合唱、読書、ピアノ、映画鑑賞、観劇など

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター(2011年~)
アクセスカウンター
イスズ自動車スズキ自動車光岡自動車メルセデスベンツgmc